料金表

保険診療と自由診療
(自費診療)の違い


一宮たなばた歯科医院では、患者さまにとって最適な治療法をご案内しております。
「自由診療で最も良い治療方法を」「保険の範囲内で出来る限りの治療を」
「見た目を重視」「治療費を抑えたい」など
治療前に患者さま一人ひとりのご要望、ご意見をしっかりとお聞きして
保険診療はもちろんのこと、
保険診療で対応できない場合の自由診療の治療法もご提案いたします。

保険診療とは
国が定めた材料と治療方法の範囲内で行う治療です。同じ内容の診療であれば他医院と違いはなく、日本全国同一料金です。
虫歯や歯周病などの治療は可能な限り保険診療を行いますが、全ての治療が保険でできるわけではありません。
自由診療とは
保険診療適用外の様々な材料や技術を使う治療を自由診療(保険外診療・自費診療)といいます。
保険診療上の制限はなく、目的に合わせて最適な材料と治療技術を使い、機能性や審美性を重視することのできる治療です。

自由診療の料金表


※価格は税抜きです

クラウン(被せ物)

*
ジルコニアオールセラミッククラウン
金属を使用しないため、天然歯と同じ透明感、光沢がでます。また断熱性にも優れており、熱い、冷たい食べ物や飲み物でも不快な思いをすることがありません。

90,000円

*
メタルボンドクラウン
外から見えない内側に金属を使用し、見える外側にセラミックを焼き付けた被せ物です。金属を使用しているため透明度はあまりありませんが、割れにくく、強度や耐久性に優れます。

60,000円

*
e.maxクラウン
二ケイ酸リチウムガラスという次世代のセラミック素材でつくった被せ物です。生体との親和性が高いため身体に優しく、透明感や強度、耐久性にも優れた素材です。

60,000円

*
オールジルコニアクラウン
ジルコニアの高い強度のおかげで健康な歯を削る量が少なくて済み、スペースの小さい箇所にも適用できます。強くて丈夫な素材なので、歯ぎしりなどのある患者さまでも破折の心配が軽減されます。

60,000円

*
ハイブリッドクラウン
セラミックとプラスチックを混ぜ合わせた被せ物です。時間の経過によりツヤの減少や多少の変色があり、オールセラミックに比べてやや見た目が劣りますが、周囲の歯にダメージを与えにくい、やわらかい材質です。

40,000円

※価格は税抜きです

インレー(詰め物)

*
e.maxインレー
二ケイ酸リチウムガラスという次世代のセラミック素材でつくった詰め物です。生体との親和性が高いため身体に優しく、透明感や強度、耐久性にも優れた素材です。

45,000円

*
ハイブリッドインレー
セラミック(陶器)とレジン(プラスチック)を混ぜて作られた詰め物です。硬すぎず軟らかすぎず、粘り強さがあるため、インレーに適しています。金属アレルギーの心配もありません。

30,000円

※価格は税抜きです

義歯(入れ歯)

*
金属床義歯
歯肉に触れる部分が金属素材で作られた入れ歯です。保険入れ歯の約1/3の薄さで、熱が伝わりやすく、食べ物の温度を感じやすいというメリットがあります。耐久性にも優れていて、違和感もほとんどありません。

9歯〜フル
160,000円

1歯〜8歯
140,000円

*
ノンクラスプデンチャー
従来の入れ歯のような金属の金具がない義歯(入れ歯)です。歯を固定する装置と床部分が歯肉に近い色の柔らかい素材で、見た目は入れ歯を装着しているようには見えません。

※ノンクラスプデンチャーは金属プレート無しの場合、どちらも20,000円引き

9歯〜フル
160,000円

1歯〜8歯
100,000円

*
ヒアルロン酸注入
義歯(入れ歯)が合わなくなったことにより出来たお口の周りのしわの改善や、抜歯や加齢、インプラント治療によって出来たしわ、隙間のできてしまった歯肉の改善などに効果的です。

40,000円

※価格は税抜きです

ホワイトニング

*
ホームホワイトニング
ご自宅で自分のペースで気軽に行えるホワイトニングです。まず、準備のためのご来院いただき、あなたの歯列にあった専用のカスタムトレーをお作りします。オフィスホワイトニング後の色戻りの防止にもオススメ。

10日分
30,000円

*
オフィスホワイトニング
歯科医院にて行うホワイトニングです。専用の薬剤を歯に塗布し、光照射して歯を白くしていきます。即日で白さを実感できるため、結婚式や同窓会など決まった日までに歯を白くしたい方にオススメです。

基本2回セット
30,000円

※1回のみの場合は20,000円

*
デュアルホワイトニング
オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを両方行うメニューです。料金もお得になっているので、より効果的なホワイトニングをご希望の方にオススメです。

ホーム10日分+オフィス2回
50,000円

※価格は税抜きです

インプラント

*
インプラント1次オペ
歯を失ってしまった部分の顎の骨に、生体親和性の高いチタン製のインプラント(人工の歯根)を埋め込みます。骨の量が少ない方や、全身疾患の有無など検査の結果によっては行えないこともあります。

※2次オペは上部構造の値段に準じます。

200,000円

※アバットメント(土台)代は
上記金額に含まれています

医療費控除について


医療費控除とは、自分自身や生計をともにする家族のために
医療費を支払った場合に受けられる、
一定の金額の所得控除のことです。
歯の自由診療は、高価な材料を使用することが多く
治療代も高額になる場合があるので医療費控除の対象となります。
毎年1月1日〜12月31日に支払った分を翌年3月15日までに
確定申告をすると医療費控除が適用され、税金が還付されます。
医療費控除の対象となる金額は、次の式で計算した金額(最高200万円)です。

医療費控除額(最高200万円)=(支払った医療費の額ー保険金などで補てんされた額)ー10万円※ ※所得金額の合計が200万円未満の人は、所得金額の5%になります。

医療費控除額(最高200万円)=(支払った医療費の額ー保険金などで補てんされた額10万円
※所得金額の合計が200万円未満の人は、所得金額の5%になります。

例) 課税所得金額が500万円の人の場合、扶養家族である子供の矯正治療費に年間90万円かかったならば、
医療費控除額90万円10万円80万円×税率30%24万円
つまり、矯正治療に費やす費用は実質、90万円24万円66万円で済んだことになります。
医療費控除の税率と医療費の軽減額はこちらの表をご覧ください。

*

※タップで拡大

医療費控除の手続きは、お住まいの住所を管轄する税務署へ医療費控除に関する事項を記載した確定申告書を提出してください。
その際、医療費の支出を証明する領収証や通院にかかった交通費などについて確定申告書に添付するか、提示する必要があります。

PAGE
TOP